M-1グランプリで準優勝のヤーレンズって何者?コンビ情報を調査してみた

2023年12月24日に行われたM-1グランプリですが、優勝は令和ロマンでした。

準決勝まで進んだヤーレンズは、惜しくも1票差で準優勝となってしまいました。

今回はヤーレンズは何者なのか?コンビ情報を調べてみました。

フリカエル

ヤーレンズってTVで初めて見たけど、結成12年にもなるコンビだったんだね!

目次

M-1グランプリで準優勝のヤーレンズは初めての決勝進出

ヤーレンズは結成12年目で初めて、M-1グランプリの決勝に進出しました。

優勝した令和ロマンとはツーマンライブなどを行ってきており、何とも言えない気持ちになったのではないでしょうか?

ファーストラウンドでは、全力おてんばオバさんネタ、決勝ラウンドでは麺ジャミンバトンネタでしたが、どちらもテンポが良い面白い漫才でした!

結成12年目で初めて決勝の舞台にあがったヤーレンズに「93点」の高得点をつけた松本は「ずっとおもしろいから、後半少し笑いが減ってきたような気になりましたけど、それは多分みんながね…おもしろすぎてちょっと疲れちゃった感じ」と大絶賛した。

引用:YAHOO!ニュース

ヤーレンズのコンビ情報!NSC大阪校出身の先輩後輩だった

ヤーレンズのコンビ情報を見てみましょう。

ヤーレンズのコンビ情報

・コンビ名:ヤーレンズ

・結成年:2011年9月11日

・所属:ケイダッシュステージ

・ボケ担当:楢原 真樹(ならはら まさき)

・ツッコミ担当:出井 隼之介(でい じゅんのすけ)

ボケ担当の楢原真樹がネタ作りを担当しています。

2人とも30代後半になっているので、結成12年ということは20代の頃から共に頑張ってきたのではないかと思います。

出展:ケイダッシュステージ公式ホームページ

公式プロフィールに掲載されている写真が、2人とも若いですよね!

2人ともNSC大阪校の出身で、楢原が28期、出井が29期の先輩後輩の関係で、結成までお互いの存在を知らなかったようです。

「サザン好きが集まるカラオケ会」で出会い、それぞれ組んでいたコンビを解散していて、次を考えていた時に意気投合したようです。

2014年から東京に活動拠点を移し、コンビ名をそれまでの「パープーズ」から「ヤーレンズ」に変えたようです。

M-1グランプリには2015年から毎年出場し続けており、2022年に初の準決勝進出、2023年に初の決勝進出を果たしました。

今回はどのコンビもとても面白かったので、レベルの高い戦いで本当に残念だったと思います。

ヤーレンズについての世間の反応

ヤーレンズについて世間の反応をまとめてみました。

良い順番でベタな漫才出来たのは良かったね。

ヤフコメより引用

来年はヤーレンズが大本命。 え?来年も出るよね。

ヤフコメより引用

ヤーレンズの今後の活躍に期待したいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事についてあなたはどう思いましたか?ぜひあなたの意見をお聞かせください。あなたのコメントを楽しみにお待ちしております。

コメントする

目次